こども(子供)のギターコース

村治佳織の活躍でクラシックギターを始める小学生が増えました。

また最近ではアコースティックギターエレキギターを弾きたいという小学生の入会もよくあります。

ギターは親しみがあって値段が手ごろなので始めやすく、子供の習い事としても人気があります。

 

ギターの大きさ

ギターには子供用の小さなサイズのものが何種類もあり、身体や手の大きさに合った楽器でレッスンを始められるから安心です。

ギターのサイズは弦長という言葉で表し、標準は弦長650mmです。

ギターを弾く小学生の女の子

左)小学2年生 弦長480mm
右)小学4年生 弦長630mm

ギターを弾く小学生の男の子

小学5年生 弦長610mm

身体や手に合ったサイズのギターを使うことで無理なく弾けるようになります。

 

小さいサイズのギター

エレキギター

エレキギターは弦の張りが緩いので、小学生でも簡単に押さえられます。

【エレキギター】大人用と子供用の比較

左)標準サイズ
右)子供用エレキギター

『音が大きくて、家で弾くとうるさくないですか?』と心配されることもありますが、ヘッドホンを通して自分にだけギターの音が聴こえるようにできるから、むしろ他のギターよりも静かに弾けます。

 

アコースティックギター

『ギターを弾きながら歌いたい』なら、やっぱりアコギです。レッスンしている経験では小学3年生以上であれば大丈夫です。

【アコースティックギター】大人用と子供用の比較

左)ミニギター
右)標準サイズ

他のギターに比べて弦が硬く張りがあるので、手が小さくて力の弱い子供さんだと弾くのが難しい場合があります。

心配でしたらギターを購入する前に教室にお越しいただき、ご相談ください。

 

クラシックギター

弦がナイロンなので柔らかく、ギターのサイズが豊富なので、身体や手の大きさに合ったもので無理なく始められます。

【クラシックギター】大人用と子供用の比較

左)幼児~小学校低学年用(480mm)
中)小学生用(590mm)
右)標準サイズ(650mm)

クラシックギターの基礎をしっかり身に付ければ、将来的に他のギターやジャンルへ移行する場合もスムーズです。

 

まとめ

情報ページがありますので、ぜひご覧ください。ギター選びが心配な方は、子供さんと一緒に教室にお越しください。適切なサイズなどのアドバイスやご案内をいたします。

 

\ レッスンに興味があるなら! /

入会までの流れ

ぜひ無料の【教室・レッスン案内】へ

Copyright© 名古屋アズール・ギター教室 , 2020 All Rights Reserved.